承認されたい君たちへ

25歳 / 独身 / コスプレイヤー / それでも必死に生きている

痛バという文化について本気出して考えてみた

 

 

 

受け入れられない・・・・

 

 

 

 

 

結論から先に言えと育てられた私です、こんにちは。

こないだオタマートというフリマアプリで「痛バ選手権」という催しをやってました。

大量の缶バッジはもちろん、リボンや布でデコレーションしたり、LEDライトなんかもでてきてびっくりしました。どの作品もキャラの世界観を大切にしていて、見てて面白かったです。

 

 

ただ「外には持ち出すなよ」とは思いました。

 

 

キャラクターの缶バッジやキーホルダーを鞄につけて、クラスタアピールする痛バ文化。

 

私がはじめて見たのはDオタだった時です。

ディズニーの年パスを買って、毎日のようにインパして、ショーを待ってた時、キャラの小さいぬいぐるみを大量につけている人を何人も見かけました。

 

のどの奥で悲鳴をあげました。

 

だってあれかわいい??ひとつひとつは可愛らしいけど、大量につけることでかわいさを台無しにしてる。

同じ顔が並んでて不気味だし、グッズに多大なお金をかけた事実に震えたし、

そして何より「私はこのキャラがすきなの!」という外部にアピールしたいという欲求がありありと見えて気持ち悪かった。

 

 

オタク界隈では常識となりつつある痛バッグ。

 

私的見解では、 

コミケでギリセーフ、公式イベントでギリアウト、普段使いだったらアウト中のアウトって感じです。

コミケはキャラ愛を形にしたい!という人が集まる場だから、そこまで痛バに対して嫌悪感は抱きません。

公式イベントになると「う、うわーーでたーーーー痛いーーー」と叫び声をあげそうになります

(前述のDオタはここに含む)

 

そして普段使いし、イベントも何もないところで痛バをもってる奴。「TPO----!空気ーーーー!読めよばかーーー!!」と張り倒したくなります。

 

こないだ友人が痛バもってて「このあと公式イベだから」と言っていたときは、「頼むから違うバッグにいれるとか、コインロッカーで預けといてくれ」と心の中でツッコんだつもりが声にでてました

 

みなさんご存知だと思うんですけど

あの痛バって、すっごい目立つんですよ悪い意味で

 

 

ディズニーで「え、超ついてる・・・」と一般人のざわめきを聞いたのは数知れず。

オタクに関してはキャラクターの知名度がぐんっと下がるので、

さらにざわめきの空気が冷たくなります。

どんなにカッコいいキャラだろうが、知らない人から見たら皆「アニメキャラ」です。

 

疑問なのは、そんな冷たい目線や嘲笑を受けても、強く生き続けるオタクたちの精神です。

 

私だったらやっていけない、立っていられない。

痛バを持つ友人の隣を歩くだけでも恥ずかしかった。

だいたい痛バの何が嫌いかって、自分の欲求のために、周りの人に迷惑をかける文化ってことです。

「自分がいいならそれでいいの!」じゃないよ、周りはよくないんだよ。

 

極端な例ですが、人目はばからずクソしてるもんだと思ってます。自分の欲求のために、(周りからしたら)汚いものを見せつけてる。

 

私の推しキャラの痛バを持ってる人見ると、なぜか私が謝りたくなります。

「あーーーすみません、すみません、あんな人もいますが、キャラ自体は本当にかっこいいんです、誤解しないでください」と。

 

だいたい痛バを持ってる人を見たときって

「あんなにグッズを持ってるすごーい」という尊敬<<<<<<<<<<<<(越えられない壁)<<<<<<<<「なにあれ、うわっ・・・」というドン引き

 

だと思うんですね。

 だけどオタクって生き物は良い方に考える傾向にあるんですよね。

「このグッズもこのグッズもレアなものなの!そしていっぱいあるの!みんなが私を尊敬のまなざしで見てるわ!!」

 

そのポジティブを違うことに生かしてくれ。

 

「私はキャラを愛してるから形にしたいだけなの!」と怒るなら

 家にきれいに飾ればいいじゃないか

コミケとかで形にすればいいじゃないか

 

なぜ多数一般人の前でわざわざ見せびらかす?

 

「同クラと繋がりたいから!」

 

SNSってツール知ってます??

 

 

結局、痛バを持ってる人って

コミケとかで出す技術もない、SNSで人と絡んだりするのは面倒、でも人に見せびらかしたい」

という欲求をわがままに叶えてるだけなんですよね

少しの手間をかければ承認欲求が満たされる手軽なグッズなんです

 

キャラの評価を犠牲にしてることに気づいてーーー

 

 

しかし私の批判なんて差し置いて、

 最近TVでも紹介されることも増えましたし、

痛バ用のバッグなんかもどんどん発売されています

おそらく目にする機会はもっと増えることでしょう

 

文化がもっと発展し、ファッションの一部として一般化されるかもしれません

女子高生たちがきゃーきゃー言いながら、痛バをデコレーションし、センスある子が人気者になるかもしれません

斬新なファッションとしてパリコレにいっちゃうかもしれない

 

 

でも、そこまで普遍化するのはまだ遠い未来のことだろうなあと

非オタ民の冷たい視線を見ながら、ぼんやりと思う今日この頃です 

 

 

 

②美ら海水族館は大人気

沖縄一日目

 

快晴です!

それでは美ら海にむけて、しゅっぱーつ!

 

と意気こんでナビに入力したところ何と約90キロ 

 

「わ、わりと遠いんだね・・・」とやや絶句しながら一般道路から向かいます。

ただ途中きれいな海がいくつもあり、「きれー!」と叫びながら見てました。

あの時に降りてしまえばよかったと、後ほど私たちが後悔することも知らずに・・・

 

美ら海水族館の前に、まずは腹ごしらえ!

 

ツイッターで見かけた「カフェARk」さん。

 

ややわかりづらいところにあります。看板が一応たってはいます。

 降り立っての第一印象は「インスタ映え!」

 

沖縄感満載の花や草木が私たちを迎えてくれます。

レンガ造りの階段を登り、カフェに入ると解放感あふれるお部屋が。

大きな窓から見える海が最高です。

窓辺には貝殻や小さな水槽の小物が置かれててまた素敵でした。

 

f:id:hunnyore:20180911110914j:image
f:id:hunnyore:20180911110916j:image

 

トンボやヤモリがいるの苦手な人は注意です。

(ヤモリだいすき)

 

メニューは「ARKスペシャル」みたいなやつにしました(曖昧・・・)

 

f:id:hunnyore:20180911110938j:image

 

ご飯の上にチーズやキャベツ、その他もろもろがのっており、いろんな味が楽しめるとのこと(またまた曖昧・・・)

 

実際来たら、サイズが大きくて驚きました。

女性ならシェアしてもいいくらいの大きさ。これでアイス三つついて1600円くらいでした。安い。

味は・・・ほかのメニューでもよかったかな(笑)って感じです。決してまずくはありませんが、なにしろボリューミーで・・・。

 

好きなアイスの味を三つ選び、テラス席へ!

 

360度の海のパノラマを見渡します。

ツイッターで結構回ってたので混んでるかなと不安だったのですが、私たち以外は誰もいませんでした。

アイスを食べながら「きれいだねー」と海の美しさや緑のコントラストに見惚れます。

 

f:id:hunnyore:20180911111041j:image

 堪能したところで、美ら海水族館へ向かいました。

近くのコンビニで割引チケットを購入し、いざ入館へ。

 

印象としては、

 

とにかく人がすごい

 

中国語を喋る人間が水槽の前からどかないわ、フラッシュたいて撮影するわ辟易しました。

あ、でもジンベイザメは大きくて優雅で、見ているだけで癒されました。

二匹いたのですが、一匹がサービス精神旺盛!

偶然だと思うんですが、私の前でおなか見せながら翻ったときは思わずほっこりしました。

 

水族館好きでいろんなところへ行ったのですが、比べてみて思ったのは

「あ、割と普通の水族館」だなということ。

特に変わった水槽や世界観があるわけでもなく、

よくあるテーマ(淡水魚、深海魚など)で分けられ展示されています。

サンゴのテーマはもう少し大きくてもいいのになあ。沖縄だし。

沖縄の魚をもう少しじっくり見たかったのですが、

人がすごかったので流し見で我慢しました。

 

あとジュゴンやカメがいます。

コロンブスジュゴンを見て

「私が実際みた人魚は、書物に記載されているような美しい動物ではなかった」

というエピソードにはくすりと笑ってしまいました。

(確かに茶色で太ってて美しくはないかも)

 

 一番たのしかったのはイルカショーでした。

40分くらい座って待ってたかな?

ポケモンGOのジム戦をしてたので特に苦痛ではありませんでした。

 

そしてはじまったイルカショー!

 

どこの水族館もそうですが、イルカショーって何回みても楽しい。

プールの向こう側に広大な海が広がってるのもいい。

ただ席がとれなくてうろちょろし、あげくには通路で立って見ようとしている人間おめーはダメだ。

 

途中水かけタイムが入ります。

ちびっこに水をかけるタイムと、大人に水をかけるタイム。

二回あり、スタッフの人がそれぞれ募集をかけます。

 

「おとなのみなさーん!はい空気よむところですよー!!前にきてー!!」

 

と笑いを誘ってました。

それにしても通路で座ったり、観劇中立ったりする図々しい人に限って、こういうのにはノらないんですよねえ・・・そこも図々しく行けよと。

 

子供たちはイルカが近くでざぱーん!と飛び跳ねて水をかけてたのですが、

大人の水かけの方は何というか・・・地味でした(笑)

でも地味なのに、頭からつま先まで思い切り濡れてたので、シュールさに会場は爆笑でした。

 

そのあとは半日かけて車で帰りました。

帰りは高速だったので私が運転したのですが、意外とマナーがいい・・・。

(地方民って道が広い分、荒いイメージでした)

 

レンタカーが多い分、慎重な人も多いのかもしれません。

 

 

ホテルに帰り、予約していた老舗うりずんへ。

urizun.okinawa

 

 

沖縄料理を堪能し、泡盛もぐびぐびと飲みました。

もずく揚げ美味しかったんですが、にんじんと一緒に揚げてたのが微妙ですね。シンプルでいいのに(何様だ)

予約していたおかげか、広い席だったし、おちつけてよかったです。

バイトのインド人?の女の子に料理内容を聞いたりできなかったのが悲しかったですが

 

あと泡盛の「残波」も飲みました。

泡盛は苦手なのですが、こちらは社長さんが「女性でも泡盛が飲めるように」とつくったものだそうです。

口当たりが柔らかくて飲みやすいです、おすすめ。

f:id:hunnyore:20180911111120j:image

 

もずく揚げ❤

 

片道90キロの道を往復し、晩御飯はおなか一杯になるという充実な一日でした。

次は空いている時期に行きたいですね。

 

 

 

 

オムレツ

 

 

食材が余っている

 

 

自炊を頑張ろうと意気込み、一週間が経とうとしています

調味料もお皿もそろってきました

 

しかし問題がありまして

冷蔵庫をあけると切りっぱなしの食材たちがーーーー

 

 

今まで作りたい料理→食材買う

 

という流れだったのですが、

すると使いきれなかった食材たちは冷蔵庫いきです

 

 

エリンギ、ネギ、牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、卵、レタス・・・

 

 

どうしたらいいんだー!と頭を抱えます

レパートリーが少なすぎて「この材料たちね!オーケーあれつくろう!」とはなりません。

助け舟のレシピ本を見たところ

具だくさんオムレツのレシピが・・・!

 

「これだーーーー!」と思い、使う材料を考えました

 

 

まずエリンギ、じゃがいも、玉ねぎをいい感じに切って5分ほど温めます

そのあいだに卵2個・マヨネーズと水を大さじ1をいれて混ぜます

お皿にバターを大さじ1塗ります

 

卵たちと温めた具材を混ぜ合わせ

ジャーと流し込みます

 

黄色の海に具材がテトラポットのように飛び出しています

合ってるのかな・・・と不安になりながらオーブンに突っ込みました

 

ほかの食材を減らすためにも、もう一品つくります

 

牛肉とネギを炒めます

皿に乗せます

レタスを大きくちぎります

 

サンチュの完成です!!!!おいしそう!!!!

 

 

オーブンの方が中々焼きあがらずハラハラしましたが

10分くらい焼いたらいい感じに焦げ目がつきました

 

焼けたら卵が膨んで、オムレツっぽい!テトラポット感がない!!

 

上にケチャップをかけて完成です!!

 

f:id:hunnyore:20180907202655j:image

 

 

なかなかおいしそうなのでは・・・?

 

自画自賛しながら提供すると、

彼も喜んで食べてくれました

 

サンチュもおいしい!焼肉のたれをつけて食べます。

 

 野菜もたっぷりとれ、簡単なのに美味しいという大満足な結果に終わりました。

 

 

 

 

炊飯器肉じゃが

 

自炊を頑張っております。

 

本日は肉じゃがをつくりました。

彼が「肉じゃが食べたい」と言ってたので♡

決してレパートリーがないわけじゃないですよ。

彼は今日、会社で報告会だったようなので、お祝いのビールも買っておきました。私ってできる女だ・・・・(暗示)

 

牛肉(アメリカ産)、ジャガイモ(4つで200円)、白滝(65円)を購入し調理開始です。

 

まずじゃがいもを乱切り、

白滝ははさみでジョキジョキしてお湯で3分、

玉ねぎは何かザクザクしました

 

そして水300CC、醤油・みりん・酒を大さじ3杯ずつ混ぜます

 

 

そしてすべてを炊飯器へ入れます

 

そしてスイッチをぽちっと押して完了です。

ネットの拾い読みのレシピだとたぶん完成されてるはずです。

 

30分くらい経ったら一回止めたほうがいいみたいですね。タイマーをつけて次のレシピに移ります。

 

 

先ほど肉じゃがを2ついれたのですが、

私は3つ洗ってしまったんですね。

(だってネットにはそう書いてあった・・・)

(切ってから多いと気付いた)

 

一つを使い切るために、とりあえずフライパンに油しきました

 

暖まったのを確認し、

肉とゆでたじゃがいもと玉ねぎとしめじを

ド――――ン!と入れます

 

材料が 余ればひとまず 炒めてみよ(字余り)

 

 そしていい感じになったところで

これもネットで拾い読みした

 

醤油とマヨネーズを混ぜたやつをド―――ンといれ絡めます

 

ここで私は気づきます

 

油、多くない・・・・?

 

 

最初にまず油ひいてるし、

牛肉から脂はでてるし、

マヨネーズも油だし、

 

おそるおそるジャガイモを食すと

 

「めっちゃ吸ってるーーーーー」

 

思わず天を仰ぎました。

いや美味しいんですよ。ただ育ち盛りの男子高校生しか食べちゃいけない味でした。

 

これは一人で処理案件だと判断し、

お弁当に詰めて、

残りはタッパーに封印しときました

 

 

台所が散らかったところでドアを開ける音が。

冷や汗をかきながら「おかえり」と言いました。

 

 

慌てて肉じゃがをよそって、

3分でレタスサラダをつくり、

(ちぎったレタスにプチトマトを乗せる)

ビールを並べて完成です。

 

 

f:id:hunnyore:20180906214415j:image

 

プチトマトがオウムっぽいのが 特徴です

 

 ドキドキしながら食したところ、

 

 

美味しい!!

 

 

ジャガイモがほくほくしてます。

味がもっと染みたらおいしいと思う。

というか全体的に味が薄い。

水を入れすぎたのかもしれません、次回に生かします。

 

それにしても炊飯器肉じゃが、

簡単だし、ガス代かからないし、いいかもしれない・・・

 

 

 

自転車を買った話

 

 

自転車がほしい!!

 

と彼氏に訴えたところ、

買ってきていいよーと許可が下りたので、仕事帰りに行きました。

 

私が乗り物で一番愛してるといっても

過言ではない自転車

 

最寄りから徒歩圏内の物件ですが

自転車一台あるだけでだいぶ行動範囲が広がります

 

わくわくしながら選びにいきました

 

 

楽天みると安いので17000円

 

20000円以内だと目途をつけ、自転車屋さんに行くと

きれいなブルーのママチャリが18000円!

 

特売価格と書いてあり、私の心は決まりました(早い)

 

店員さんに聞くと、さらに推されました

 

「かごも大きいですし」

私「うんうん」

「しかもこれ安いのに」

私「はい」

「ギアチェンジができます!」

私「なんと!!」

 

 

最高じゃないですか!実家のチャリにはギアなんてなかった!!

 

「しかもオールLEDなんですよね!」

 

手でつけるタイプだとタイヤが重くなりますが

自転車が暗いのを感知してつけてくれるタイプなら

タイヤは重たくならずにすむ!

 

と嬉々として言ったのですが、

 

 

「いや、これ明るくてもライトがつきます」

 

 

なんで?

 

 

「タイヤが回るとライトがつきます」

「なんで・・・ですか」

「あ、安全のためです・・・」

 

 

こっちを見ろ

 

 「まあギアもついてるし、ライトでタイヤはお重くならないし、なにより色合いがかわいいし・・・」

 

ぶつぶつ言いながら購入しました。

 

「安全のためって言ってたけど、こういう司電車自転車が増えてるんですか?」と聞いたら、「稀です」と返されました。稀なんかい。

 

 

グラタン

 

最近、同棲をはじめたんですね。
今までほとんどやらなかった家事が、毎日の生活に組み込まれるのです。
掃除・洗濯もだけどまずは自炊だよなー!お金節約!と言いながらレシピ本を三冊買いました(節約とは)

 

 

syunkonカフェごはん めんどくさくない献立 (e-MOOK)

syunkonカフェごはん めんどくさくない献立 (e-MOOK)

 

 

 

その中で見つけましたグラタンのレシピ!

簡単調理という言葉にひかれてさっそく買い出しに。

 

確か15歳くらいまで一番すきな食べ物はグラタンだと豪語してました。
とろとろチーズと、クリーミーなソース、玉ねぎやきのこも入ってて栄養価も高い。
なんてすばらしいものだと。
(ちなみに今一番好きなものはビールです)(悲しい大人)

 

 

家に帰り、材料を並べて気づいてしまいました。

 

 

「あれ・・・マカロニがない・・・・」

 

 

メインを務まるであろうマカロニを買い忘れるという、まさかの失態。

「しめじが代替してくれるよね!うん!」と言い聞かせながら調理に取り掛かりました。

 

まずバターを多めにフライパンにひき温めます。

バターって超いい匂い、やばい(語彙力)

そのあと玉ねぎとしめじを入れて炒めます。

 焦げ目が結構ついてますが気にしません。炒めまくります。

こうやって炒めてると、どれくらいの頻度でかき混ぜたらいいのか分からないですよね。ずっとかき混ぜたほうがいいのか、そんな過保護にならなくてもいいのか。

 

玉ねぎがしんなりしてきたら、小麦粉を大さじ3杯いれます。

ふりかけたあと、水と牛乳をいれーーーというところで気づきます。

 

計量カップがない。

 

「OH・・・」と呻きながら、ごはんの計量カップで代用しました。

水300、牛乳200と書いてあったのですが、軽量カップは160までしかなかったので、3回にわけていれました。ちょっと足りない気がしますが無視します。

めちゃくちゃぶくぶくなります。慌てましたが、レシピ本に「ぶくぶくなっても大丈夫です!それが普通です!」と書いてあったので、頑張ってかき混ぜます。

とろみがでてきたら、器に移して、チーズを振りかけます。またここでハプニングが。

 

量が足りない

 

ガラスの細長い器をつかったのですが、半分くらいしか埋まりませんでした。なんで?!と叫びながら、チーズをいれて力業でそのままトースターの中に突っ込みました。

 

後日そのこと同僚に話したところ「具材が足りない」「オーブンいれるから、そんなに煮込まなくていいよ、ちょっと緩くていい」とアドバイスをもらいました。

 

いろいろハプニングもございましたが、なんとか完成しました~!

 

f:id:hunnyore:20180904091818j:image

 

 

「見た目は結構いいのでは・・?」と自画自賛しながら出しました。半分ないけど。

 

 

 

(半分ないために写真の角度も工夫して撮りました)

 

机に並べて食したところ……

 

うん、おいしい!!

 

 

中のネタが若干小麦粉の感じが強いのと、味が薄かったのですが、全然いけます。

あとチーズがめちゃくちゃおいしい(ふりかけただけ)

 

彼もおいしいと言って食べてくれました(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷ ⌑ ᵒ̴̶̷⸝⸝⸝)✨

 

次は小麦粉を少なめに、味はもう少し濃いめ

あとマカロニをちゃんといれて、調理したいと思います。

沖縄旅行 まとめ

 

 

沖縄へ行ってきました。

 

旅行好きを自負している私ですが、沖縄へ行くのは初!

 

しかも彼氏との旅行・・・♡

 

青い海、白い雲、色鮮やかなサンゴ、おいしい料理・・・

行く前から妄想がとまりません。うきうきしながら旅行の予定をたてます。

 

ちなみに今回は5泊6日というなかなかの日数。

初の沖縄、しかも本島に絞ったので、満喫するには十分な時間なのではないでしょうか。

 

キャリーケースをひき、彼氏と腕を組みながら、出発します。

 

 さて、沖縄へと向かい 

5泊6日を過ごしたのち、

羽田へ帰ってきた私の感想がこちら。

 

 

 

 

うん、まあ普通だったかな

 

行く前との テンションの落差がすごい。

そんなわけで今回は沖縄旅行の総評をしたいと思います。

 

 

【 観光地 】

 

一日目:美ら海水族館

楽しかった度 ★★★☆☆

 

二日目:ガンダラーの谷

楽しかった度 ★★★☆☆

 

三日目:ダイビング

楽しかった度 ★★☆☆☆

 

四日目:首里城

楽しかった度 ★★★☆☆

 

※天候やら混雑具合も影響しているので、あまり参考にならないかもしれません。

 

【 ホテル 】

★★★★☆

 

hotel-yamanouchi.jp

 

国際通りにあるホテル山の内に泊まらせてもらったのですが大正解でした。

値段も安かったので、すごくきれいなホテル!というわけではないですが、

ホテルの人も優しかったし、ベットメイキングも丁寧でした。

あとコーヒー飲み放題がうれしい。

あと国際通りにあるのでアクセスのよさが一番よかったです。

 

一回だけ知らない人の服が、部屋にあってびっくりしました

何だったのだろう・・・

 

【 気候 】

★☆☆☆☆

 

コロス、台風コロス

 

暴言失礼しました。

今回の旅のテンションを7割くらい下げた要因はこいつにあります。

覚悟はしてたものの実際あたると本気で落ち込みます。

「晴れ女だから大丈夫♡」とか余裕ぶっこいてると泣きます。

次に沖縄いくときは台風がほとんどない季節に行きたい・・・

 

【 食事 】

★★★★☆

 

次の沖縄都知事は「もずく揚げ」を主食にするべき。

 

真顔で言い放つほどおいしかった。

彼氏は「そんなに?」と言ってきました、そんなにおいしいんだよ私には!!

人参とかかまぼことかいれないでほしい。もずくオンリーで揚げてほしい。

もずくという小鉢でちんまりしてた子が、揚げるだけで一気にメインはれるすばらしさ。

全力でもずく揚げを練習したいと決意しましたね、ええ。

 

熱く語りましたが、他のもおいしかったです。

ゴーヤチャンプルーもグルクン揚げも!

あとオリオンビール最高です。飲みやすい。

 

 

総評としてはこんな感じでしょうか。

予算は食費込みで10万ちょっとくらいでした。

お盆に行った割には抑えられたほうだと思っています。

(ダイビング代が意外とする)

 

細かい感想はのちのちあげていこうかなと。

彼氏も私も「たのしかったねー」とは言い合ってたものの

消化不良が否めない旅行でした。ぐぬぬ

 

でも今回で観光地は回れたので、

次は台風のない、リゾートホテルに泊まりたいなあ。